会社概要取扱商品施工実績アライアンス営業近未来社員紹介年間イベントお客様の声

「金の亡者」だった過去
自分の居場所が見つからず

ハウスメーカーや保険会社での勤務を経て、2013年にRSTへ転職しました。
それまでの僕には「仕事=金を稼ぐこと」という価値観しかなくて。
給料をたくさんいただける会社ばかり探していました。
職を転々としたのは、たぶんそれが原因だったのかなと思います。
「ココも違う。この会社もなんかしっくりこない……」みたいな。
自分の中にある違和感の正体がつかめなかった当時、そんな僕をみかねた従兄弟が、
ある人物に会わせてくれました。それがRSTの社長で、従兄弟と社長は友人だったのです。
そこで仕事や人生に対する社長の考え方を聞かせてもらいました。

人に活かされてきたことを知り
人を活かすことを覚えた

社長とお話した後、モヤモヤとしながらもしばらくは別の会社で勤めました。色々と考えた結果でRSTにお世話になる決心をしたのですが、魅力に感じたのは社長と社員の距離の近さ。それまでは直に社長と話ができる会社って経験していなかったのです。社長の考えが直に伝わり、目に見える評価があることはうれしかったですね。そのうち「周囲が自分のためにしてくれたこと」というのが見えるようになってきて。今思えば僕の独善的な考え方というのを、従兄弟にも社長にも見抜かれていたのかもしれません。 周囲に活かされていることに気づいて初めて、誰かほかの人のために行動することを覚えた気がします。

訪問営業は
営業力と人間力が身に付く

今は営業本部主任として、組織の数字管理や新人の教育などをする立場です。2016年の家族感謝祭ではグループ全体でのMVPを獲得することができました。入社から4年経ちますが、それがいちばん忘れられない出来事ですね。小さなことでイラッとしなくなった点など、僕自身でも成長を感じています。僕は、営業における根本はやはりアポなしの訪問営業だと思っています。お客さまからすれば「誰あんた?」という状況から入り、その方の家庭環境やご事情を鑑みながら話をする。これって、ひとりの人間としてすごく役に立つことだなあ、と。営業力が身に付き自身の成長にもつながる。その経験こそが僕の基盤です。

written challenge
未来への挑戦状

僕が成長の糧にした訪問営業での経験を今の若い世代に伝え、
育てていきたいですね。モットーは「とりあえず、やってみる」。
ゆくゆくは僕も経営者になりたいと思っています。

Show me your “PRIVATE”

ちょっと見せて、プライベート!

0歳=僕

今から28年前、松永家の長男として産声をあげました。当時は、悪戯をすれば容赦なくゲンコツを落とす厳格な親父でした。親父の仕事は長距離のトラック運転手で、2~3日家を空けることも多く、髭を伸ばしたまま帰宅すると、恐怖からか顔を見た瞬間に大泣きしてたらしいです。そんな親父と仲直りしているツーショット。親父の仕事は土木関連で、工事現場の作業進捗や工期では深夜、休み関係なく、常に気にしながら責任を持ち、どんなときも一生懸命でした。その責任感は、世代を超えて今の僕に受け繋がれている!かな?

海釣り

昨夏、会社の仲間と小型船に乗って釣りをやってきました。 いざ仕掛けの準備を始めると、船が揺れる揺れる。船酔いで危うくリバースするところをグッとこらえて、いざ巨大魚捕獲へ。焦る気持ちを抑えて、魚の当たりを感じながら一気にググッと引き上げる。 と同時に魚の底抜けな力強さに圧倒され、思うように竿のコントロールができない。これはもしかしてデカいのか・・・!!  まぁ、こんなかわいいお魚がWで釣れました。嬉しさよりガッカリ感を味わった今日この頃。


EMPLOYEE INTRODUCTION

  • TAKUYA MATSUNAGA

    松永 卓也
    2013年入社 営業本部
  • RIE ANDO

    安藤 里江
    2010年入社 経営管理本部
  • KENGO YANAGI

    柳 研吾
    2016年入社 営業本部
  • MANABU SUZUKI

    鈴木 学
    2015年入社 営業本部
  • MARIE HIRAMATSU

    平松 万里絵
    2015年入社 経営管理本部
  • YUYA KOIZUMI

    小泉 雄也
    2016年入社 営業本部

Copyright © Rst recruit 2013-2017 all rights reserved.