マンガン電池とアルカリ電池

こんにちは。ヨシムラです。

今回は、「マンガン電池」と「アルカリ電池」についてのミニ知識です。

電池を買いに行くたびに、どう違うの?とは思ってはいましたが

結局はお得でお安いのを選んじゃうんですよね(^_^;)

この違い、先日テレビで知ってからいろんな人にトリビア(雑学)自慢してます。

【アルカリ電池とマンガン電池の違い】

中の材料はどちらも二酸化マンガンと亜鉛。

ただ、量や形、部品、中の作りが違うため、得意分野が違います。

アルカリ電池・・・高電力、高出力!パワーがあり、長く持ちます。

 → CDプレイヤー / 強力ライト(LEDなど) / デジカメ / ミニ四駆 ※モーターを使う製品

マンガン電池・・・小さな電力ですが、休ませるとパワーが回復するので

          連続して使わないものに向いています。

 → リモコン / 時計 / 懐中電灯(豆電球) / 携帯ラジオ など

アルカリ=ウサギ(短距離選手)と

マンガン=カメ(長距離選手)といったところでしょうか。

電池の場合は、途中で昼寝はしませんけどね。 😆 

【使用上の注意】

アルカリ電池とマンガン電池を一緒に使うのはタブー!

先に弱くなった方の電池の無理に電流が流れるので、液漏れや、破裂の原因にもなります。

新しい電池と古い電池を一緒に使うのも同様にやめた方がいいようです。

電池にも適材適所があるんですね。

性格を知ったら電池がかわいく見えてきたのは私だけ? 🙄 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする