気になるみんなの貯金額

こんにちは。RSTの吉村です。

みなさんのご家庭では貯蓄をされていますか?

しなきゃいけない。しようと思ってはいるんだけど・・・

通帳の数字は思うようには増えないものです。

「みんなはいくら貯めているんだろう?」と思っている方はご一読を。

今回はこんなデータをご紹介します。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年)より

年代 平均貯金額
20代 184万円
30代 395万円
40代 588万円
50代 1,128万円
60代 1,509万円

「えっ!みんなそんなに貯めてるの!?」とあせったそこのあなた。

ご安心を。

これはあくまでも平均額。

例えば、10万円貯金しているの家庭10軒の平均は10万円ですが

そのうちの1軒が1000万円貯金していたとすればその平均は109万円になります。

計算上の数字と、多数派の数字はちょっと(というかかなり)違うということです。

そこで、より現実的(実態にちかい)な中央値を見てみましょう。

※中央値とは、データを大きい順(または小さい順)に並べた時の真ん中の数字です。

貯金の中央値

年代 中央値
20代 0万円
30代 167万円
40代 200万円
50代 500万円
60代 650万円

少し安心しましたか?それとも、やっぱりあせりましたか?

20~40代でお子さんのいるご家庭、住宅を購入したご家庭は

支出、返済の割合も大きいので貯蓄までは、お金がまわらないという実情。

50代を過ぎ、子育ても返済もひと段落すると今度は「老後の備え」の心配が。

お金に関する問題は、ずっとなくならないものですね・・・

実は、貯蓄0の世帯は、全体の約4割というデータもあります。

が!ホッとしてはいけません。でも悲観してもいけません。

前向きに、計画的に、がんばって貯金していきましょう。

おまけ・・・・パーセンテージはあえて書きませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする