春の風には要注意。【春一番】と【春の嵐】

こんにちは。RSTの吉村です。

まだかまだかと待ち望んでいた桜も、満開になった途端

春の風と雨で、あっという間に散ってしまいましたね。

 

春の風と言えば「春一番」

今年は2月17日に春一番が発表されました。

「春一番が吹きました。」と聞くと、

ああ冬も終わりだなぁ。暖かくなっていくんだなぁ。(‘- `*)なんて思いますね。

 

では、どんな風を「春一番」かと言うと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

冬から春への移行期に初めて吹く、暖かく強い南寄りの風のこと。

気象庁では立春から春分までの間に吹く風を、春一番として発表している。

出典:tenki.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ただこの言葉の、使われ出したきっかけがかなり悲しくて

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春一番は春を告げるといわれる一方、海や山での遭難を引き起こす。

1859 (安政6)年2月13日、五島列島沖に出漁した壱岐の郷ノ浦漁師

53名が遭難したことから郷ノ浦漁師間で春一番という言葉が使われ出し

たといわれている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

のだそうです。

つまり春一番という言葉には、「風が強くなるから高波や雪崩、倒壊に注意して!」

という意味も含まれているようです。

 

そして、よく耳にするのが「春の嵐(春嵐)」

“春”というやわらかいイメージの言葉と、それと正反対の強いイメージの“嵐”。

なんとなくドラマチックな感じでもあります。(って思うのは私だけかも)

 

「春の嵐」とは

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春先に吹く強い南風。雨を伴うこともある。春疾風はやて。春荒れ。

出典|三省堂大辞林 第三版

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時期的には3~5月に、日本海付近で急速に発達した低気圧によっておこり

台風並みの暴風、猛吹雪、海岸の高波も引き起こすほどの強い風のことです。

 

全然ドラマチックじゃない・・・(-.-;)

 

3~5月には、春休みやゴールデンウィークがありますから

レジャーや屋外スポーツ、山登りをする方も多い時期でもあります。

もしお出かけ前に暴風警報・注意報が出ていたら

「せっかく計画して、準備して、楽しみにしていたのだから中止にはできない!」

なんて思わず、安全を第一に考えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする